ミスターSASUKE・山田勝己と軍団黒虎

TBSテレビSASUKE2015より2枚続けて

解説

発言をされている方はSASUKEオールスターズの1人、記録よりも記憶に残る男、ミスターSASUKEこと山田勝己さんです。

1965年10月22日生まれの山田さんは兵庫県加古郡播磨町出身で1997年放送の第1回大会から活躍されていた方です(2012年の第28回大会を持って引退)。実際に活躍し1stステージを突破できていたのは2003年の第12回大会まででその時の年齢は37歳でした(第1回大会時は31歳)。

引退後の2013年の第29回大会の時に軍団黒虎を結成し完全制覇の夢を団員たちに託しました。上の画像は2015年の第31回大会の時にSASUKEに挑戦することのメリットを団員たちに語っていたところです。

これで3rdとかFinalまで行ったら人生変わるからなホンマに

飲みに行ったら声かけてくれるとか

山田勝己(SASUKE2015より)

人生が変わるとまで言ったものの、人生が変わった結果が飲みに行ったら声をかけてもらえるというそのギャップに多くの人を笑顔にさせました。

ちなみに2016年のSASUKEでは軍団黒虎から誰も1stステージを突破できず山田勝己さんも悔し泣きをしていました。その時の画像がこちら:

俺の作った看板が重すぎる

山田勝己(SASUKE第29回大会(2016)より)

団員たちではなく悪いのはあくまで自分だと言えるその姿勢、素敵です。自分で言うなという点は置いておくとして、こういった所がミスターSASUKEとして親しまれる理由なのかもしれません。

また軍団黒虎をTBSの悪意あるテロップとともに紹介します。

SASUKE2015(第31回大会)より

最後に山田勝己さんを端的に表した2chコピペを紹介して終わります。

399 名前:渡る世間は名無しばかり :2016/07/03(日) 20:42:55.00 ID:jBjJZtn6.net

山田は本人が泣くけど

長野は周りが泣いてくれるんだな

2chより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA