PlayStation5の価格と発売日が発表

2020年9月17日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが新型ゲーム機「プレイステーション5」(PS5)の発売を発表しました。

プレイステーション®5は11月12日(木)に発売決定。 価格はデジタル・エディションが希望小売価格39,980円+税、ディスクドライブを備えたモデルが希望小売価格49,980円+税。

プレイステーション公式Twitterより

以下、Yahooに掲載されたキャリコネニュースの記事

PS5の発売価格が「安すぎる」と話題 早くも”転売ヤー”をけん制する動きも

キャリコネニュース 9/17(木) 12:38配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが9月17日、新型ゲーム機「プレイステーション5」(PS5)の発売日と価格を発表したのを受け、ネット上には「安すぎる」という声が広がっている。

11月12日発売の同機は、ディスク型ソフトの挿入口を省いた「デジタル・エディション」が3万9980円(税抜 以下同)で、通常版が4万9980円。現行機種のPS4 Proが3万9980円と大きく価格が変わらないことから、予想よりも2~3万円安く感じた人が多かったようだ。

(中略)

一方、これだけ低価格だと予約戦争に発展するのは必至だろう。ただでさえ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってゲーム需要が増加しており、PS4やニンテンドースイッチの品薄状態は春先から現在まで続いている。

中には「もし予約戦争に敗れたとしても絶対に転売ヤーから買わないでください。転売ヤーを滅ぼすためにちゃんと定価で店から買いましょう」などと転売ヤーからの購入を抑止しようとする投稿もみられた。同様の考えの人は多いらしく、発表直後の17日午前には「転売ヤー」がトレンド入りする事態にまで発展した。

日本国内の予約受付は、9月18日10時から全国の取扱店舗ほかECサイトなどで順次開始する。平日の午前中と働く社会人にとっては何とも言えない開始時刻だが、発売を待ちわびているファンも多そうなので早めの予約をオススメしたい。

キャリコネニュース

https://article.yahoo.co.jp/detail/d4c580bedf6831be5455e3fbf60e94d65ddaece0

コメント

さてついに次世代ゲーム機PlayStation 5が発表されました。Xbox Series Xの価格と発売日が発表された際に記事を書きましたが今回PS5が価格と発売日を正式に発表しましたので改めて新型ゲーム機発売時の価格と発売日を表でまとめたいと思います。

機種発売日(*1)価格(税抜)(*2)価格(税込み)世代
PlayStation 52020年11月12日49980549789
PlayStation 5(D・E)(*3)2020年11月12日39980439789
Xbox Series X2020年11月10日49980549789
Xbox Series S2020年11月10日32980(*4)362789
Nintendo Switch2017年3月3日
29980323799
Xbox One2013年11月22日49980(*5)524798
PlayStation 42013年11月15日39980(*6)419798
Wii U(PREMIUM SET)2012年11月18日30000315008
Wii U(BASIC SET)2012年11月18日25000262508
Wii2006年11月19日23810250007
PlayStation 3(60GB)2006年11月11日(*7)57124599807
PlayStation 3(20GB)2006年11月11日(*7)47600499807
Xbox 3602005年11月22日37900397957
Xbox2001年11月15日34800365406
ニンテンドーゲームキューブ2001年9月14日(*7)25000262506
PlayStation 22000年3月4日(*7)39800417906
ドリームキャスト1998年11月27日(*7)29800312906
NINTENDO641996年6月23日(*7)25000257505
PC-FX1994年12月23日(*7)49800512945
PlayStation1994年12月3日(*7)39800409445
セガサターン1994年11月22日(*7)44800(*8)461445
プレイディア1994年9月23日(*7)24800255445
PCエンジンDuo1991年9月21日(*7)59800615944
スーパーファミコン1990年11月21日(*7)25000257504
PCエンジンスーパーグラフィックス1989年11月30日(*7)39800409444
メガドライブ1988年10月29日(*7)21000210004
PCエンジン1987年10月30日(*7)24800248004
SG-10001983年7月15日(*7)15000150003
ファミリーコンピュータ1983年7月15日(*7)14800148003
TVボーイ1983年10月(*7)880088002
アルカディア1983年3月(*7)19800198002
新型ゲーム機の発売日と発売時の価格

*1発売日は北米基準です。ただし*7については日本での発売日となります。

*2価格はゲーム機の発売時の価格です。

*3D・Eはデジタル・エディションの略です。

*4Xbox Series Sのアメリカでの価格は299ドルです。

*5Xbox Oneは北米で発売時の価格は499ドルです。日本では約10ヶ月後の2014年9月4日に発売されました。また発売当初はKinect同梱版のみでした。

*6PlayStation 4はPlayStation Cameraが別売りのオプションとして同時に発売されています。価格は5980円+税となっています。

*7日本での発売日となります。

*8セガサターンは実売価格で5000円程度値引きされており定価販売しか見られなかったPlayStationと実勢価格では同じ位でした。

さて、PlayStation 5の価格についてですが599ドルと549ドル(D・E版)で予想していたため個人的な予想は見事に外れてしまいました。まあそれは良いとしましてXboxの価格をかなり意識した設定となっています。これは逆ザヤなのではないかと思いますが勝負をしてきたと言った印象です。

そもそも自分予想が599ドルなのは原価ギリギリで売ると考えたからでしたのでもし逆ザヤで1台売るごとに1万円ほどマイナスになるとなるとこれが500万台売れると

ー10000✕5000000=-50000000000=マイナス五百億円

となりますのでなかなか恐ろしい金額となります。

これはソフトの売上で回収していくということになりますがPS3のときは同じように逆ザヤ販売を行い債務超過になったという過去もありますのでこの価格設定にした以上プレステ陣営の発売後の当面の目標としては逆ザヤの解消と売上の確保ということになります。

ちなみに通常版とデジタル版で1万円の価格差がありますがディスクドライブの製造原価からして1万円もかからないはずですので逆ザヤに関してはデジタル版のほうが大きいでしょうがゲームソフトを購入する場合、必ずPSストアで買い物をするということで中古ソフトを買う場合と違い必ずプラットフォーマーと開発会社に利益がもたらされるのでその分の将来的な利益を1万円の価格として設定したということになります。

価格に関しては日本だとやはり10%の消費税が痛いですが発売時の価格としては十分な気がします。個人的にもう少しだけ気がかりなのはPS5本体がかなり大きいということとコントローラーの重さです。PS4のコントローラーは音声入出力機能などは革新的だと思いましたが210gというのは持てはしますがずっしりとした感触が有りました(DUALSHOCK3は193g)。

色々書きましたが新型ゲーム機の発売というのはゲーム業界にとっては大きなイベントの一つですしやはりワクワクするものがありますので発売が楽しみです。

PlayStation 5とDualSense
PlayStation 5 デジタル・エディション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA